真性包茎では恋愛の不安もある

真性包茎は女性に嫌われる

真性包茎は女性に圧倒的に不人気で、フラれる可能性があります。
仮性包茎くらいならば受け入れられる女性も、真性包茎に対して厳しい意見が多いです。
恋愛となれば性行為がセットになりますが、真性包茎をフェラしたり膣内に受け入れたりすることに抵抗を持たれています。
真性包茎は包皮に汚れや雑菌が蓄積しやすいことから、フェラをする女性は臭いが気になり不潔なイメージを抱きます。
見た目や性格が良くても、いざ性行為となった場面で嫌われる不安は無視できません。
中にはズル剥けよりも見た目が可愛くてグロテスクではないから包茎でも大丈夫という女性もいますが、そうでない女性と恋愛をしてしまった時に大変です。
真性包茎でも結婚し家庭を持って幸せな人もいると、上手くいったケースばかりを自分に当てはめるのはやめましょう。
現実の反応を見た時に傷つくのは自分であり、手術をしなかったことなどそれまでの行動に後悔してしまいます。

真性包茎であるという不安で恋愛ベタになる

真性包茎を不安に感じるあまり、女性と上手くやり取りできなくなることもあります。
実際に真性包茎を見られて嫌な反応をされた場合は、トラウマになり今後の恋愛に影響します。
コンプレックスに感じている以上、不安は付き物で常に嫌われないか気にしながらデートすることになります。
不安は一緒にいる女性にも伝わるため、デートはつまらなくなり真性包茎を見られる以前の問題で嫌われます。
恋愛において特に男性は自信満々に挑むことが重要であり、弱気な部分があるとモテるのは難しいです。
経験値を稼ぐことができなければ、一向に恋愛をそつなくこなすことはできず女性への苦手意識が強くなります。
元々リーダーシップがあり人付き合いも得意だった人が、真性包茎というだけで女性と目も合わせられないというのはありえない話ではありません。
年齢を重ねるにつれて結婚を考え出して真面目なお付き合いをしたくなるので、ますます嫌われたくなくて奥手になります。

まとめ

真性包茎は不潔だと女性に不評なので、恋愛で失敗する可能性が高いです。
その不安からコミュニケーションの取り方も分からなくなり、恋愛や女性そのものが苦手になることもあります。
真性包茎に悩んでいる男性は、嫌われる前に思い切って打ち明けることも大切です。
それで受け入れてもらえなかったら、別れたり手術をしたりしてトラウマを克服しましょう。
デリケートな問題ですが、不安を抱かずに交際し続けるために避けては通れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。