一番の不安は「真性包茎は恥ずかしい」

真性包茎はいざという時に恥ずかしい

包茎の種類の中でも、特に男性が強い不安を抱きがちなのが真性包茎です。
完全に包皮が剥けない状態で、男としての自信までを奪いかねない深刻な症状です。

性行為の時にも不安で恥ずかしい気持ちになってしまうという男性が多くいます。
スムーズに行為ができない可能性が高く、女性に敬遠されることもあります。
また、真性包茎は機能的に支障がある以外にも、衛生面の観点においても問題があります。
包皮の内側をキレイに洗うことが困難なために不衛生になりがちで、尿や垢、雑菌などの影響により悪臭が出てしまうこともあるのです。

このように真性包茎は、性行為を難しくさせる上、衛生的に問題がある症状です。
女性との付き合い方にも影響をきたし、真性包茎のことが不安で積極的になれない男性もいます。
なお、真性包茎は大人だけでなく子供の悩みになることもあります。
ある程度の年齢に至るまでに自然に剥けることもありますが、一定割合で剥けることなくそのまま成長し、大人になってから不便をきたすこともあるのです。

恥ずかしい思いを取り除いてくれる手術

成人をしてからの真性包茎は、自然に治ることはほとんどないとされています。
だからといって、無暗に自己解決を目指すのは推奨されません。
真性包茎は包皮の癒着が強い状態で、無理に剥こうとすると痛みに襲われる可能性が高いです。
包皮による亀頭の締め付けも強く、仮に剥くことができたとしても、亀頭の血流を妨げ、最悪の場合は壊死する危険性もあります。
取り返しのつかない事態にもなりかねませんので、安易に自宅で対処をしてしまうのは要注意です。

安全かつ確実に症状を治すには、医療機関でしかるべき手術を受けることが欠かせません。
今や包茎手術を受ける男性は珍しくありませんし、中にはカップルで病院を受診をするケースもあります。
これからも不安な気持ちを抱き続けることや、恥ずかしい思いをすることを踏まえれば、早めに手術を決断することも必要かもしれません。
手術を受けて良かったという声も数多く、放置することなく適切に対処していくことが推奨されます。

まとめ

男性にとって包茎は深刻な悩みになりやすいです。
特に自然に治ることに期待ができない真性包茎は適切な方法で改善を目指すほかありません。
女性から嫌がられがちな症状でもあり、性行為に不便をきたすことで、人生における大きな障害にもなりかねないのでしょう。
しかし、手術で解決をできる症状でもあるため、悲観的になる必要はありません。
毎年多くの男性が手術によって包茎を克服し、不安や恥ずかしさのない前向きで明るい人生を手に入れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。